Reach規制

Reach規制

Reach規制は、 2007年6月1日に発効された化学物質の総合的な登録、安全性評価、使用制限、使用認可を生産者に義務付ける制度です。 EU内で、ある化学物質を1t(トン)以上年間で製造・輸入する事業者はその化学物質を欧州化学品庁ECHAに登録する義務があります。ECHAは2008年以降、「発がん性、変異原性、生殖毒性のある化学物質」「蓄積性、慢性毒性のある化学物質」「高蓄積、難分解の化学物質」をReach規則の高懸念物質(SVHC:Substances of Very High Concern)として順次発表しております。このSVHCを成形品中に0.1%以上含む場合は、ECHAに届出を行わなければなりません。

分析受託サービス