IC分析(イオンクロマトグラフ分析)

IC分析(イオンクロマトグラフ分析)ー ion chromatography ー

原理

イオンクロマトグラフは、高速液体クロマトグラフの中のイオン交換クロマトグラフの一種です。
試料のイオン成分はイオン交換樹脂(固定相)と溶離液(移動相)への分配を繰り返しながら溶離液を移動しますが、各イオン成分はイオン交換体への親和力の差やイオン半径、イオン価数によって移動速度に差が生じ、成分が分離されます。
分離された各イオンは電気導電率を測定し、得られた保持時間(試料をクロマトグラフに注入してからピークの頂点が現れるまでの時間)から成分を特定でき、またピーク面積から定量することができます。

特徴

機器写真

弊社所有のIC分析装置

・希釈やろ過などの簡単な前処理だけで試料中の主成分から微量不純物まで測定することができます。
・異なった酸化状態にある成分(NO2-とNO3-など)を別々に定性・定量することができます。

分析事例( 試料表面の無機イオン付着汚染の分析 )

サンプルを温水抽出にてサンプリングした試料の分析結果です。

分析結果